【知ってた?】リフォームとリノベーションの違い|建て替えとの違いも解説!

リフォーム 、リノベーション、建て替え3つの違いを解説 リフォーム基礎知識

  • リフォーム、リノベーション、建て替えは何が違うの?
  • 大がかりなリフォームやリノベーションは、建て替えと同じ?

と疑問に思ったことは誰にでもありますよね。

「リフォーム」と「リノベーション」には明確な定義があるわけではありませんが、簡単にまとめると

それぞれの違い
  • リフォーム:建築当初の状態に戻す
  • リノベーション:建物の機能や価値を向上させる
  • 建て替え:建物の基礎から取り壊し、更地の状態から新たに建築する

今回の記事では「リフォームとリノベーション、建て替えの違い」について詳しく解説しています。

ぜひ最後までお読みください。

リフォームとリノベーションの大きな違い 

綺麗な部屋

リフォームとリノベーションは、どちらも古くなった建物に手を加えることを指します。

しかし、その線引きは曖昧でリフォーム、リノベーション会社が、独自の解釈で使い分けているのが現状です。

一般社団法人リノベーション協議会では、以下のように分類。

リフォーム:原状回復のための修繕、営繕、不具合箇所への部分的な対処

リノベーション:機能、価値再生のための改修、その家での暮らし全体に対処した包括的な改修

一般社団法人リノベーション協議会
https://www.renovation.or.jp/renovation/about

リフォームとリノベーションの違いについて、分かりやすくまとめていきます。

リフォームは「建築当初の状態」に戻す

リフォームとは、老朽化したり、壊れたり汚れてしまった部分を改修することで、建築当初の状態に戻すことをいいます。

つまり「部分的・表層的で、比較的小規模な改修工事」 です。

  • 外装の塗り直し
  • 壁紙や床の張り替え
  • キッチンやトイレ、お風呂の設備の交換

などが該当します。

マンションやアパートの場合、入居前の状態に戻すことを原状回復と言いますが、これもリフォームの一種。

リフォーム期間も、一般的に短く費用も安いメリットがあります。

また、気になる部分だけを修繕することで快適な空間を手に入れることができるため

  • 大きな工事をするほど住宅が傷んでいない
  • 間取りやデザインに不満がない
  • 費用をなるべく抑えたい
  • 綺麗になれば十分

という方には、リフォームがおすすめです。

リフォームでは、多くの場合「仮住まい不要」なので気軽に依頼できるのも嬉しいポイント。

リノベーションは建物の機能や価値を向上させる

リノベーションは、建物の機能や価値を向上させる改修のこと。

分かりやすい例で「古民家リノベション」です。

既存建物の雰囲気など残しつつ、新たな空間を生み出すことができるのが特徴となります。

また、内装を全て解体し、骨組みだけの状態にして改修を行う「フルリフォーム」も、リノベーションの一つ。

使える部分を残しながら、生活スタイルに合わせて自由に設計し直すことができるため

  • 間取りを大幅に変えたい
  • デザインに不満がある
  • 生活を一新したい

という方に特におすすめです。

ただし、住宅の構造や工法によっては間取りの変更ができない可能性があるので、その場合建て替えを検討しましょう。

建て替えとの相違点を解説! 

設計図

リフォームとリノベーションが、建物の基礎を残したまま増改築や修繕をするのに対し

建て替えは建物の基礎から取り壊し、更地の状態から新たに建築することを指します。

大規模リノベーションするなら、建て替えた方が良いのでは?

と思うかもしれませんが、建築基準法に定められた条件により

  • 建て替えができない
  • 建て替えることで既存の住宅よりも狭くなってしまう

場合があるので要注意。

また、基礎部分まで全て取り壊す分コストがかかってきます。

メリットは

merit
  • フルリフォーム …コストを抑えられる
  • 建て替え…地番改良ができる

過去にシロアリの被害に遭った住宅や、築年数が経過していて耐震構造に不安がある場合は、建て替えを視野に入れてみてください。

リフォーム、リノベーション、建て替えの違いを知って合った方法を選ぼう

営業マンに相談しているカップル

リフォームとリノベーション、建て替えの違いは、次の通りです。

  • リフォーム:建築当初の状態に戻すこと
  • リノベーション:建物の機能や価値を向上させること
  • 建て替え:建物の基礎から取り壊し、更地の状態から新たに建築すること

それぞれにメリットとデメリットがあり、建物によっても最適な方法は異なります。

暮らしやすい家づくりのために、あなたのお住まいに合った方法を選んでみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました